■10. しゅう、米ぬかにはまる! ■

〜 その5: 経過報告1〜
(2005/1/29記)
 

2005年の1月は雪が降り続くということがなく、20〜30cm積もっては消える、の繰り返し。
1/15に積もった雪の上に「待ってました!」と撒いた米ぬかも、
その後積雪がなく雪はあっさり消えました。

そして翌週1/22の様子が下の画像です。
朝、一面真っ白の雪を見て、わくわくしながら米ぬかを撒きました(左図)。
途端にやってきた鳥の集団(真中図)。写っている鳥はほんの1グループです。
この時は「わーい!我家にも鳥さんがきたわ♪」と喜んだのですが
ほんの数時間で、雪の上に色づいていたハズの米ぬかは
ほとんど食べ尽くされてしまいました(右図)。
翌日には米ぬかの色はどこにも残っていませんでした。
雪による米ぬかサンドイッチは、またもや失敗です。
(下図撮影2005/1/22)

1月なのに16℃と気温が上がり、庭には雪もなし。
快晴の中、庭を見て歩くとモッコウの株元の変化に気付きました!
左は「その3のページ」でも紹介しましたが、
剪定枝を細かくカットしてマルチングした様子(2004/12/19)。
そして右が2005/1/29、ほぼ1ケ月後の様子です。

株もとの様子をアップで写すとこんな感じ↓。

どこかに飛び散ったわけではありません。
雪の下になったことも関係しているのかな。
葉っぱはかなり少なく感じますが、カット枝はそのままです。

1/22に積もっていた雪も数日で消え、1週間後の1/29の庭を見て歩くと・・・
なんと庭のあちこちでこんな現象が発生していました。
最初は「霜?」と思ったのですが、地面に顔をうんと近づけて観察。
「霜じゃない!白かびだぁぁぁ〜」
これがあの「一面白かびで覆われる」ということなのでしょうか。
かなり嬉し〜〜い♪本当に白いのです。
しかし庭一面というには及ばず、白かびの発生している場所は点在しています。
それでも間違いなく、「成果はあった!」のです。

アップで写すとこんな様子


米ぬかの形跡のない白かびの発生していない場所に再度米ぬかを撒きました。
今回はいつもよりもちょっと厚め。
数日後に積雪があるという天気予報を信じてみます。
この先の経過、笑顔で連絡できるといいな!
(2005/1/29記)

 

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO