. しゅう流、庭草の処理〜その後〜
 

さあ、2005年4月!春じゃ〜〜♪と声を大にして言いたいところですが
今年の春の遅いことったら!
去年の今頃はムスカリもニョキニョキ、レンギョウも咲きチューリップも・・
ところが今年は雪柳もまだ。
ムスカリはやっと2cmくらい顔を出したところです。
こんな春の4月ですが、冬越しした堆積雑草の様子を報告してみたいと思います。

記2005/4/3

 

まずは去年の堆積雑草には数回米ぬかを
振りまきました。
今から思えば、うっすら撒くのではなく、
大胆にどっさり撒いたほうがよかったかも。
うっすら撒くとすぐに米ぬかの形跡はなくなり、
そのうち面倒になって、厚さ1cmくらいに被せても
上手に消化された感じがしたからです。
さて腐葉化した草は、というとぐっとしまったせいか
元の量の2/3くらいに沈んだような・・・

←去年の堆積物アップと比較すると
明かに表面の状態が違う!枝切れこそ目立つけど
草っぽいものが見あたらないぞ。

   

そして中は・・・・・・→
スコップで天地返ししてみると、
腐葉化した草というより、どっしりとした
土の塊といった感じ。
向こう側の白っぽいところが
掘り返す前の様子。
手前の濃い色が掘り返した中の様子です。

表面と違い、中はまだ草の繊維が多かった。
雨が降ったあとなので水分を含んでいるせいか
天地返しするにもかなり力が必要。
あとは草の繊維が邪魔をして
スコップがうまくささりません!

   

←土と混ぜてはいないのに、
この土っぽいものは何?どうみても土だわよ。
草の根っこに付いていた土にしては多すぎる感じ。

鶏糞と米ぬかは混ぜ込んだけど、
こんな土になるほど大量には混ぜていません。

木の長い枝や茎とかは、まだそのままの形。
やっぱり細かく剪定したもののほうが
分解されにくいし、天地返しするにも好ましいと
実感です。
シュレッダーが欲しくてたまらないぃぃぃぃ〜。

 

心配した雑草の芽吹き(笑)ですが、
この堆積雑草物からは新たな雑草類は一切生えてきていません。
ほっ♪
ただこれに混じった貧相なチューリップの球根が、生きているのよ!
と葉っぱを出していたのが唯一です。

心配したミモザ周りの土に混ぜた雑草堆積物からも
雑草が生き返って生えてくることはありませんでした。
少しだけ地面から伸びてきた雑草はありますが、
堆積雑草がマルチを兼ねていたせいで、雑草の生え方は少なく、
且つとっても抜きやすかったです。
でも枝や茎の長さが、これまた草取りをするにも邪魔でした。
細かく、細かく・・・今年はこれがポイントです(*^^*)


4月の様子は以上です。
今回これを天地返しし、一部を地面(ホスタを掘りあげた穴)に埋め込みました。
残りは再度このままの状態で様子をみようと思います。
暖かくなると分解進むかな?
今日は米ぬかの保存がなかったので、
こんど入手してきたらまた鶏糞と共に混ぜ込んでみたいと思います。

でも次の雑草がすでに集積場で待機してるのよね・・・・
雑草の処理方法、もっといい方法があったら挑戦してみたいと思います。
と言うより、雑草に振りまわされる日々から
1日も早く脱却できる日を夢見つつ、ああ、今年も格闘の季節がやってきたのでした。

終わり

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO