■■■ おやじwankoハマーのおもいで ■■■

ハマーは、2002年12月14日(土)早朝、虹の橋に旅立ちました。
たくさんの想い出と、愛がいっぱいにつまった、たくさんのサイトに出会えたことに感謝します。

91年春 家族になって
後ろ足で ”ヨロシク” のポーズ!

 

すくすく育って・・・91年夏

 

92年春にはこんなに立派?になりました。
ボクはふつうの雑種くんで〜す♪

 
人が年を重ねる以上に、わんこの加齢は早いです。
いつまでも元気でいてくれる、ずっと傍にいてくれる・・・・・そんな勝手な思い込み。
 
老犬の入り口にさしかかったことに気づいたのは、2002年の9月の終わり頃。
散歩をしていると、なんでもない所でコケたり、側溝の蓋に脚をはめてみたり・・・
おろかな飼主は、「おいおい、ドジだなぁ〜」としか思っていませんでした。
この頃オットが海外へ長期出張になり、
彼とわたしの1わん+1人のラブラブな生活がはじまりました♪
しかし、このあと、明かに彼の老いを目の当たりにした事件が・・・

週末は近くの河原へ散歩にいくのですが、その荷台にいつもなら軽やかに
ジャ〜ンプ! できるはずが、ズリおちてしまったのです。
あれ?っと思ったわたし以上に、彼はショックを受けてしまっていました。
戸惑いの表情がはっきり出て、乗ろうとしないのです。
コケたりしたのは足腰が弱ってきていたからだと、やっとわかった出来事でした
93年お正月のあくび〜  
   
この日を機に、いろんな事態が起こりはじめました。
普段から雷がこわくて、人の耳には感じとれないくらいの雷にも反応するわんこでしたが、
運悪く雷が頻繁に発生したこともあり、夜中中吠えまくることが続いてしまいました。
7帖くらいの土間がハマー専用の部屋になっていたのですが、いくら家の中でも
夜中の静けさのなかでは、お隣さんには迷惑だったと思います。
しかも、めちゃくちゃ声の大きなわんこなんです。わたしも寝不足・・・
「ごめいわくを・・・」と謝りにいった時、
「犬は鳴くもの、気になさいますな・・・」とおっしゃってくださいましたが
要するに聞こえているということなのね。とほほ・・・。
 

へい、おまち!

   
のとき以外にも、夜泣き、尿ちびり がはじまり わたしの方がへろへろ状態。
どうしてなのか、どうしていいのか戸惑ったわたしが出会ったものが、
犬の介護をされている方々のサイトでした。
『老犬介護』・・・・わんこの介護というものを初めて知ったのです。
涙なくして読めない数々の愛情いっぱいのサイトに出会ったおかげで、
ハマーは悪い子じゃない!ということがわかり、肩の荷がおりたような気がしました。
そんなある日、夜中の雷にまたしも大暴れのハマー。今までの寝不足もあって
対応しきれず、なるようになれ〜と無責任な行動をとった私。
朝方、「ハマー、静かになったなぁ」と、ハマーの部屋のドアをあけた途端、
ものすごい異臭とともに、外への扉の前に佇む糞尿にまみれたハマーの姿・・・
見たこともないような悲しい顔をしたハマー。
わたしは大変な過ちをしてしまったのでした。
なんか、おやじっぽい・・・  
   
叱られるかと怯えるハマーに、涙がでてとまりません。
悪いのはわたし。とりあえず水洗いし、お湯で絞ったタオルでふきあげました。
いつもなら「なんということをををを〜!」 叱咤したであろうに
自分でも驚いたことに、糞尿にまみれたハマーを
「いい子いい子」となでることができるんです。自分で自分が驚きです。
ハマーは不思議そうな目でみていました。(*^^*)
自分でも、こんな風に接することができるなんて・・・と思ましたもの。

こんな日に、1人で残していくのは忍びないけど、会社に行かねば・・・・。
大急ぎで身支度し出勤しました。(会社のみんな、わたし臭かったかな?)

こんなおやじわんこが、いとしくて、いとしくてたまらないんです。
 

96年  う〜ん、寝ていたところを
起こされてストレッチ♪

   
 
10月の下旬、オットが一時帰国し、この数週間のいきさつを話しました。
そして、いつ徘徊がはじまってもいいように、ハマーの部屋の荷物を移動する為、
イ○バの物置を購入し、隣に声が少しでも響かないように
境界線に設置することにしました。(あまり効果はなかったみたい・・・)
購入の手続きもろもろをすませてオットは再び異国へ・・・

1わん+1人の、あらたなシルバー生活のはじまりです♪
夜は寝る前に一度外へ出して、用を足させます。
しかし必ず2時前後に夜泣きでよばれるので、
大急ぎでハマーのもとへかけつけ(笑)ます!
再度、用を済まさせ、水の補給をし、「いい子いい子」となでなでして、再び就寝。
いままでは、「鳴けば来ると思って甘えてる」 とムっとしていたわたしですが、
自分でも驚くくらい、苦にならないのです。
むしろ、よしよし、いい子いい子って思っちゃう自分に、またまたびっくり!

本当の介護をしらないから、こんな自分に酔っていたのかもしれません。

老犬サイトの方々からみれば、まだまだハマーはひよっこの部類で、
介護からはほど遠いものだったのですが、
最後まで介護するぞ!という覚悟と意気込みはあったのです。

99年お正月♪おやつをもらえる直前の伏せ

 
介護のサイトに感化されたこともあって、1わん+1人の生活のせいか、
ハマーに執着するわたしがいました。
夜はできるだけかまうようにし、もも尻マッサージ、肉球マッサージ、
ブラッシング・・・
(こんな、わんこにか!なんて言わないでね)
なんだか幸せな毎日でした。
ちょっとスーパーへお買い物にいくときも、図書館へいくときも、
郵便を出しにいくときも。
会社へ行くとき以外は、必ず一緒。
一緒とはいいながら、車のなかでお留守番させられてるんだな、これが。
  2001年お正月、大好きな河原で一緒に。
   
12月初旬とされていたオットの帰国がのびのびになって
待ち焦がれる?1わん+1人は、初雪のドカ雪にもめげず、
相変わらずの夜泣きもありの生活を続けていました。

12月12日、やっと帰国してくれました〜。
ハマーの反応は・・・・おぼえてましたぁ!!
どうやら、痴呆はないようです〜!
オットが帰ってきて変わったことは・・・
しいていえば、マッサージの時間が減ったことだけかな?

14日は土曜日だから、3人そろって河原へ行けるね!!
オットが一緒に行ってくれると、河原での滞在時間が
わたしと行くより、う〜んと長いので、
ハマーはご満悦なのよね〜。
そういえば、オットがいるときのハマーの態度は
オットが1番、ハマーが2番、わたしはハマーの僕・・・なぜ?

2002年2月 ボクのアップ♪ど〜お?

 
   
14日(土)快晴、
放射冷却現象でとても寒い朝だけどその分、とてもきれいな朝の光でした。
ずっと続くと思っていた日常が、とぎれてしまいました。
平日よりも1時間ほど遅めの起床で、ハマーに挨拶をしにいきました。
ドアをあけた瞬間、半狂乱だったかもしれません。
ピクリともしない体は、それでもまだあたたかく、
でももう目はあけてくれませんでした。

涙がとまらない。苦しくて、悲しくて、なんで・・・・どうして・・・
夜中、いつものように用をたして、水を飲んでいい子いい子したのに。
何がおこったの?

ハマーの体はきらきら光っていました。
 

2002年2月 最後の写真になりました


半年以上たった今、ハマーのことを笑って話せるようになったけど
最後のハマーを思い出すと、胸がぎゅ〜ってなっちゃいます。
これはきっとわたしが一生背負っていくものだと思います。
たかが犬に・・・という人がいます。
11年も生きたから・・・という人もいます。
オットの顔をみるまでがんばっていたんだよ、という人もいます。
でも、それだけですませられないいんです。

何が悲しい?何がくるしいの?って、それは
最後の最後を一人で逝かせてしまったことがつらいのです。
どんな思いで旅立ったのかと考えると、涙がでてしまうのです。
介護介護とうかれていて、肝心の最後を見とることができなかった・・・
それを思うとやるせなくて・・・・

 
 


最後の様子を見ていても、きっと何もできなくてつらい思いをするだけだから、
そんな思いをさせたくなくて、ハマーはひとりで逝ったんだよ・・・
とオットはなぐさめてくれます。。。。。
孝行わんこ。
でもね、
『犬の十戒』 をよむとね、うんうんって頷きながら
やっぱり最後のところで、苦しくて涙がでちゃうんだ・・・

もっと一緒にいたかった・・・ずっと一緒にいたかった
世話をしているつもりが、ほんとうのところ、支えられていたのはわたし。
ハマーのおかげでたくさんのことを知り、たくさんの人と出会えたよ。
いっぱい想いでをつくることができたよ。
形はないけど、なんだかそばにいてくれているような気がして不思議。
ハマー、大好き。ずっと大好き。
悲しみとつらさと感謝が同居しています。


最後に・・・
わたしは自分が無知であった故、よい飼主ではありませんでした。
でもほんの数ヶ月だけど、たくさんのサイトで学んだことを
ちょっとだけれど、実践できたことがせめてもの慰めになっています。
子犬もいずれは成犬となり、やがて老犬となっていきます。
かわいいだけじゃない成犬、老犬の魅力!
老犬には何のゆかりもない方であっても、ぜひ↓のサイトを訪ねていただけたらなぁ、って思います。

人もわんこも、いろんなペットが、みんなみんなしあわせに暮らせますように・・・・・・・・by しゅう
 



*
ありがとう、みなさん *

Aged Dogs

         
 

 

SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送